加筆・修正 
ルール変更などにより加筆の必要な点や、表現をわかりやすくするために修正の必要な点をまとめました。

本ページの内容

加筆

修正

加筆

今のところありません。

修正

1)平成14年9月1日のルール変更に伴うテキストの修正

 平成14年9月1日にいくつかのルールが変更されました。これにともない、本テキストでは、以下の部分を下線部のように修正することになりました。どうかよろしくお願い致します。

日本卓球ルールおよび同細則の主な変更

1)サービスルール(本テキストp.44の「4)のイラストおよび文章」)
 

 サービスを投げ上げる前の静止状態の最後の瞬間から打球までの間、ボールは常にプレーイング・サーフェスより上方とする。この間、ボールをレシーバーから隠してはいけない。打球位置はサーバーのエンドラインより後方とする(サービス中のラケット位置に関する規定は削除)。

2)促進ルール(本テキストp.50の上から9行目からの文章)
 10分が経過しても続いているゲームには、促進ルールが適用される。ただし、10分経過の時点で9点対9点以後の場合には、促進ルールは適用されない(「次のゲームの最初から促進ルールが適用される」は削除)。また、10分経過していない場合でも、双方の競技者から要請があった場合には、促進ルールが適用される。

3)得点表示(本テキストp.79の「審判のコールとジェスチャー 4)サービス権が移ったとき」)
 得点のコールに続いて、次のサーバーの方に手を伸ばす(「次のサーバーの名前をコールする」は削除)。
例:「ワン オール。」

新卓球(ラージボール)ルールの主な変更

1)促進ルール(本テキストp.18の「コラム」の上から24行目からの文章)
8分が経過しても続いているゲームには、促進ルール(p.50「コラム」参照)が適用される。ただし、8分経過の時点で9点対9点以後の場合には、促進ルールは適用されない(「次のゲームの最初から促進ルールが適用される」は削除)。

  このページの先頭ヘ