テキスト等に関するQ&A 
皆様からのご質問・ご意見にお答え致します。


Q. p.17でラバーのツブの高さについて説明されてますが、ツブの数については規定はないのですか?

A.
日本卓球ルールでは、「表面1平方センチメートルに10以上50以下の密度で均等に分布している」と明記されています。

Q. p.26のラリー中の使用頻度の算出法がよく理解できません。分かりやすく説明して下さい。

A. これは、全ラリーにおいて、自分がサービス、レシーブ、第3打球、第4打球・・・を、どの程度行なっているかを示しています。
 卓球のラリーは、自分のサービスからとレシーブからの2つに分類されます。そのため、自分のサービスからのラリーについては、自分のサービスからの全ラリーに対する、サービス、第3打球、第5打球、第7打球・・・の行なわれた回数のパーセンテージを算出しています。自分のレシーブからのラリーについては、自分のレシーブからの全ラリーに対する、レシーブ、第4打球、第6打球、第8打球・・・の行なわれた回数のパーセンテージを算出しています。
 その結果、サービスからのラリーでは、サービスが100%、第3打球は78.8%、第5打球は45.6%・・・であり、レシーブからのラリーではレシーブが98.8%(0.12%は相手のサービスミス)、第4打球は63.1%、第6打球は23.4%・・・であったということです。

Q. このテキストは、他の卓球専門書と何が違うのですか?

A. このテキストでは、卓球の作戦や打ち方の、位置づけやつながりを理解することに力点が置かれています。これは、初心者はもとより相当な経験者であっても、作戦や打ち方を体系的に理解していないことが多い現状において、本テキストを通して、ぜひともお伝えしたいと考えていたポイントです。
 また、卓球に関する十分な知識がない人でも理解できるように、専門用語はできるだけ用いないで書かれています。さらに、分かりにくい部分をホームページを通じて回答することも新しい試みです。

Q. p41の右回転と左回転は、他の本と逆です。間違いではありませんか?

A. 本テキストと他の日本の卓球専門書では、図で伝えている「サービスの回転に対するラケット面の向き」の内容は同じです。しかし、ご質問の通り、その呼び方が「右回転」と「左回転」と、全く逆になっています。
 本テキストは、以下の人間の動きに関する国際学会の論文(1)や、卓球発祥の地の英国の指導書(2)などと同じ記述としています。
(1)"Three-Dimensional Analysis of Human Movement"(Human Kinetics)という本における、Alian Durey氏らの論文中の「Definition of standard ball rotations」
(2)"HOW TO PLAY TABLE TENNIS"(JARROLD)
 ご指摘いただいた点について、異なる記述をしている卓球本があることは理解しています。本テキストは最終的に、論文での定義を参考とすることにしましたが、卓球の右回転と左回転をどのように定義すると良いかについては、テキスト発行後も継続して検討しています。
 卓球では、用語の整理が進んでいないばかりに、齟齬が生じやすくなっています。そのため、テキストにも書いた通り、卓球用語の早急な整理が必要であると痛感しています。


Q. p56のリーグ戦の順位の決定方法に関して質問です。テキストには、「日本卓球ルールに基づく」と書かれていて「勝ち数が多い人が上位とする」と書かれていますが、日本卓球ルールには、試合得点による順位の決定方法が記されています。勝ち数が多い順ではないはずですが・・・。

A. テキストp.56の順位決定方法では、その前の行に「全試合が終了したら、勝敗数を書く」とあるように、全試合終了(棄権が無い)を想定しています。そのため、リーグ戦の記録法のところにも、棄権の記録例は紹介していません。これは授業などで、安易に棄権を選択しないようにと考えてのことです。このような想定においては、同じ勝敗 = 同じ試合得点であり、この場合の順位は、対者間の成績のみで決定される、という日本卓球ルールの方法を解説しています。授業等で大部分を占める初心者は、「対者間の成績のみ」で順位付けすることに違和感が生じることが多く、説明の必要がありました。
 しかし、日本卓球ルールは、棄権も想定したものであるため、「行なわれなかった試合のあるリーグ戦での、順位決定時のルールとの齟齬」が出てきてしまったわけです。この記述については、今後も検討する必要があると思われます。この記述を加筆・修正する場合には、本HPの「本テキストの加筆・修正」のページ等にアップ致します。

 このページの先頭ヘ